[PR]

 【2016年1月23日週末be・b02】

 生みだした歌は2700曲を超え、数え切れないほどのヒット曲を送り出して来た作曲家・筒美京平さん。表舞台に出て自らを語ることが少ないためか、氏の作品とは知らぬまま、その歌に親しんできた人も多いようです。年月を経た今も多くの人々の耳に残る名曲の数々に、熱い思いが寄せられました。

 「サザエさんの歌も筒美京平さんの作品と知り、そのジャンルの広さとヒット曲の多さに驚いた」(長野、57歳女性)、「作曲者を知らずに楽しんでいたが、愛唱歌の作者が筒美さんだと初めて知った。感慨深い」(東京、70歳男性)、「TOKIOやNOKKOはもとより、昔の曲でも題名を見ただけであの曲だと分かるものが多い」(京都、32歳女性)。

 アンケートにあげた約170曲のリストを見て、この作曲家の偉大さに気づいた人が目立つ。

 その、多様な楽曲群の中で、最も支持を集めたのは、太田裕美の歌った「木綿のハンカチーフ」だった。「簡易なメロディーなのに情緒があり、とても心地よい」(千葉、49歳女性)、「歌詞は切ないセリフの応酬なのに、テンポ良くリズムが取りやすく、カラオケが苦手な私にもそれなりに歌える数少ない曲です」(千葉、57歳女性)、「筒美さんを代表する曲であると同時に、昭和を代表する名曲だ」(大阪、54歳男性)。

 わずかな差で続いたのが、「ま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも