【アーカイブ】「木綿のハンカチーフ」太田裕美 代表曲に浮かんだ疑問符

有料会員記事

沢田歩
[PR]

【2016年5月28日週末be・b02】

 都会に出て変わっていく彼と、田舎に残った彼女との切ないやり取りが描かれた「木綿のハンカチーフ」。太田裕美さん(61)の代表曲にして、最大のヒット曲です。意外なことに太田さんは、長らくこの曲に「釈然としないもの」を感じてきたと言います。

     ◇

 「木綿のハンカチーフ」は、1975年12月に太田さんが発表した3枚目のアルバム「心が風邪をひいた日」に収められた一曲。収録曲からは、アルバムに先行して「夕焼け/水曜日の約束」の2曲がシングル盤で出ていた。しかし、レコーディングスタッフらの強い勧めで、急きょ「木綿―」もシングルカットされることになった。

 太田さんはふり返る。

 「収録では皆さん、これはすごい曲だって盛り上がっていました。仕事先で会う人も、みんなほめて下さって……。でも、そのたびに私の頭の中では、たくさんの疑問符が浮かんでいたのです」

 決して、きらいな曲だったわ…

この記事は有料会員記事です。残り2265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら