[PR]

【2013年6月15日週末be・b03】

 なんでもかんでも懐かしがるようになったら人生、オシマイだと言うが、それにしても懐かしい。漫画の1コマ目、いまは死語となった「流行歌」とある。あの頃、一つのヒット曲は世代を超えて愛され、社会に大きな影響を与えた。3コマ目で、サザエさんが横浜までの切符を、つい「ブルーライトよこはま」と口走ってしまったのも、さもありなんの光景だった。

 「ブルー・ライト・ヨコハマ」は漫画が掲載された前年の年末に発売された。フィギュアスケートの有望選手から芸能界入りした、いしだあゆみさんは当時20歳。まだこれといったヒットはなかった。子どもだった記者は♪街の灯(あか)りがとてもきれいね……で始まる大人びた歌声を聞きながら、幼心に「そうか。大人になるとこんなステキな場所で、しっとりデートするんだ」と感心した。

 異国情緒が漂う、しゃれた詩を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも