[PR]

 ほこりをかぶって倉庫に約350年眠っていた木の扉に、平安時代のものと見られる絵図が描かれていた。平等院鳳凰(ほうおう)堂(京都府宇治市)の旧中央扉に確認された大発見。「予想もしていなかった」と、調査に関わった人たちは喜んでいる。

 「鳥肌が立つような感覚だった」

 そう話すのは、鳳凰堂の旧扉の調査画像をもとに、菩薩(ぼさつ)などのイメージ図を描いた荒木恵信(けいしん)さん(48)。金沢美術工芸大の准教授(文化財保存学)で、日本画家でもある。

 「研究室の壁に画像を貼り、毎日見続ける。ちょっとずつ(絵が)見えてきて、菩薩の光背や大きさが分かってきた」

 建物や、飛来する菩薩などの絵は、堂内の別の壁扉画を参考にして描いた。

 「描いた菩薩の先には、来迎雲とともに阿弥陀如来などが飛来しているのでないか、という想像もしている」と取材に話した。

     ◇

 大発見のきっかけは、扉の修理だった。

 「平等院は断捨離ができないよ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら