拡大する写真・図版エリザベス・チャパさんが育った住宅街では、ピックアップトラックや星条旗が多く見られる=2020年8月20日、オハイオ州デラウェア、坂本真理氏撮影

[PR]

分極社会

 ニューヨークから飛行機で2時間弱。オハイオ州都コロンバスの空港から40分ほど車を走らせると、チャパさんの実家がある同州デラウェアに到着する。

 通りの両側には、均質な2階建ての住宅が70軒ほど並ぶ。四半世紀ほど前、一斉に開発されたエリアだ。木々と郵便ポストが等間隔に並び、庭には子どものプールやバスケットゴールが置かれる。米国旗を掲げる家も多い。

【プレミアムA】ふたつのアメリカ 分極社会
アメリカが割れている。人種や世代、住む場所にとって「あちら」と「こちら」に分かれ、互いに交わらない。11月の大統領選を前に、「夢見るハタチ」と「忘れ去られた男」の2人を通して、アメリカ社会のいまを描きます。

 2年前の夏、近くの高校にトランプ大統領がやってきた。下院補選に立候補した、共和党候補の応援演説のためだった。

 1500人の聴衆がスマートフォンや帽子、あるいは拳を掲げるなか、トランプ氏はこう話した。

 「米国で忘れ去られてきた男性、女性は、もう忘れ去られてなどいない。あなたたち(You)は懸命に働き、税金を払い、様々なことをやってきた。それなのに、忘れ去られていた。あの人たち(They)は忘れ去っていたのだ」

拡大する写真・図版ジェームズ・アリシーさんの職場兼自宅には、自動車の修理工としての仕事道具が置いてあるが、多くがほこりをかぶっていた=2020年8月19日、オハイオ州デラウェア、坂本真理氏撮影

 あなたたちと、あの人たち――。会場にいたジェームズ・アリシーさん(62)は「あなたたち」の1人として、深くうなずいた。

 「トランプ大統領が当選するまで、私はずっと忘れ去られた男だった。そうじゃないと感じられる大統領は彼だけだ。私たちは、ようやく国民のための大統領を選んだんだ」

 アリシーさんはこの日を境に、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら