北海道新聞の記者、取材メモを複数回流出 処分を検討

有料会員記事

[PR]

 北海道新聞社は13日付の朝刊で、編集局報道センターの記者(31)が、非公式の取材メモを複数回にわたり別の取材先に提供していたと明らかにした。同社は「取材源の秘匿という記者倫理の根幹に反する許されない行為」として記者を自宅待機とした。今後、編集局幹部を含めて処分を検討していくという。

 北海道新聞によると、記者は3~9月ごろにかけ、直接の報道をしないことを条件とする「オフレコ」の北海道議会に関する取材メモを、別の取材先に対し、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って提供していたという。

 提供先とは別の取材先から「メモが流れている」との指摘が同社にあり、調べたところ、記者が提供を認めたという。記者は「情報交換のために複数のメモを送信した」と話しているといい、同社はほかにも同様の事案がないか調査中という。

 メモの内容や提供先などの詳…

この記事は有料会員記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。