[PR]

 中米7カ国の駐日大使たちが、東京五輪でホストタウンになっている自治体の医療関係者に、祖国の名産のコーヒーを贈った。新型コロナウイルスと闘う日本の医師や看護師たちを励ましたかったという。

 発起人はニカラグアのロドリゴ・コロネル駐日大使(44)。中米の国々は9月15日に独立記念日を迎える国が多く、この日を機に支援や援助を受けてきた日本へ感謝を示そうと考えた。ホンジュラスのエクトル・パルマ大使(44)が、各国と関係を築いてきた東京五輪のホストタウンにある病院に贈ることを提案した。

 参加したのは、ニカラグア、グアテマラ、パナマ、ドミニカ共和国、ホンジュラス、エルサルバドル、コスタリカの7カ国。群馬や長野、奈良、広島、愛媛、などにある八つのホストタウンに、それぞれの国の特産コーヒーを贈った。1カ国につき1500杯分。7カ国分を合わせると1万500杯分になる。

 コロネル大使は、「コロナ禍で毎日、体を張って頑張っている医師や看護師たちに、私たちの国のコーヒーを飲んでほっとしてもらい元気になって欲しかった」と話す。

 9月15日に都内で贈呈式があ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら