[PR]

 「今シーズンで最後と決めています」。フィギュアスケートの東京選手権を制した永井優香は9日にあった女子ショートプログラム(SP)の後、晴れやかな表情で現役を今季限りで引退することを宣言した。早大4年の21歳。SPとフリーで使った曲に、特別な思いを込めていた。

毎週水曜日の朝に、フィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 東京・駒場学園高時代、ジュニアだった2014~15年シーズンは初出場した全日本選手権で4位に入り、四大陸選手権で6位。翌シーズンはグランプリシリーズに参戦し、スケートカナダで3位に入り、表彰台に立った。身長162センチ。長い手足をいかしたスケールの大きな演技も、将来を期待させた。

 だが、その後は成績が伸び悩んだ。体が成長するにつれ、ジャンプの感覚が狂ったという。「自分の答えを見つけたい」と基礎から見つめ直したが、結果がついてこなかった。

 それでも、世界レベルで戦えた類いまれな才能の持ち主だ。

 大学卒業後は一般企業へ就職し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら