[PR]

 中国企業側に営業秘密にあたる技術情報を漏らしたとして、大阪府警が13日、大手化学メーカー積水化学工業(大阪市北区)の社員だった40代男性を不正競争防止法違反容疑で書類送検した。昨年の社内調査で発覚して解雇され、同社が府警に告訴していた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男性は同社で研究開発を担当していた2018年8月~19年1月、スマートフォンのタッチパネルなどに使われる技術情報を同社のサーバーから不正に入手し、SNSで接触してきたとされる中国の通信機器部品メーカーの関係者にメールで送るなどした疑いがある。

 容疑を認め、「技術情報を交換して活用し、自分の評価を高めたかった」などと話しているという。相手からは情報を得られず、一方的に流出させる形になったとみられる。相手側は中国にいるとみられ、捜査できなかったという。