[PR]

 寺社参拝の「御朱印」、城を訪ねた記念の「御城印」などがブームとなる中、読書の秋に書店を巡って集める「御書印(ごしょいん)」も話題を呼んでいる。書店オリジナルのスタンプとメッセージなどを楽しんでもらうものだ。紙の書籍を取り巻く環境は厳しいが、「知」に触れるきっかけにしてほしいと関係者は期待する。

 御書印は、小学館の刊行物の営業などをする小学館パブリッシング・サービス社員の小川宗也さん(49)の発案で、今年3月から始まった。客として本屋に行った帰り道、ふと「御書印」という言葉が頭に浮かんだことがきっかけだったという。

 御書印をもらうには、参加店で店員に声をかけ、200円を払う。現在、「御書印帖(ちょう)」を無料で配っているが、ノートなどへの押印も可能だ。参加店は御書印プロジェクトの公式サイト(https://note.com/goshoin別ウインドウで開きます)に掲載され、北海道から沖縄まで200店を超えた。50店を回ると「巡了印」を押すサービスも新たに始めた。

 店名や店の外観などを記した印…

この記事は有料会員記事です。残り1215文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。