[PR]

 来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催について、東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の記者会見で、「(新型コロナウイルスの)感染者が増えている国がある。全世界から観客を呼んで(開催)できるかといったら、限りなく難しいのではないか」との見解を示した。その上で「無観客という形でやっていくのが、現実的には妥当な線では」と述べた。

 都医師会は大会期間中、コロナ患者対応に加え、観客らへの医療提供体制を支える立場を担う。会見で尾崎会長は「いま、病院も診療所も特に東京はかなり疲弊している。経営状況が悪いところも増えている」と指摘。「夏の暑い時期の熱中症対策も含めて、五輪に協力するという形になれるのかどうか、正直なところ難しいと思う」と述べた。(荻原千明)