写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 「それ取ってくれ」。介護を受ける夫の言動が腑(ふ)に落ちない――。そんな「老老介護」の悩みをつづった生活面ひととき「夫の甘え あきらめる?」(9月8日付、大阪本社版)に反響が寄せられました。共感やアドバイスの声とともに、老老介護との向き合い方を支援団体に聞きました。(北村有樹子)

笑いを交え明るく 気分転換も大事

 奈良県生駒市の岡田輝子さん(83)は、山手さんと同じく夫(89)を介護している。山手さんの投稿には、「笑いや冗談を交えながら介護できるといいと思う」と感想を述べる。

 岡田さんがそのために日頃意識しているのは、気分転換を図ること。趣味のミシンを続ける。時にはショートステイに夫を預けて自由時間を持つ。一方で、自分が動けなくならないようにと掃除や買い物も手を抜かないようにする。「あえて負荷をかけています」

 夫は10年ほど前、脊柱(せき…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら