[PR]

【シネマニア経済リポート/朝日新聞ポッドキャスト】 中国とハリウッド

 朝日新聞ポッドキャストと連携する「シネマニア経済リポート」。今回のテーマは、アジア系女優が主演を務めたディズニー映画「ムーラン」がテーマです。製作したディズニーにとっては、宿願とも言えるような大事な作品だったと言いますが、次々とトラブルが起きてしまいます。

 その経緯や背景、大国となった中国とハリウッドの向き合い方について、東京経済部の藤えりか記者が解説します。朝日新聞ポッドキャストでお聞きください。主な内容は以下の通りです。

・主演俳優、香港めぐり舌禍

・ディズニーと中国の因縁とは

・ジョージ・クルーニーに聞いたら……

・作品と中国の体制は切り離して評価するべき?

有料会員の方は
音声の主な内容をテキストで確認していただけます(そのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:「ムーラン」、日本では劇場公開されないことになりました。

A:もともとは春に世界同時公開の予定でした。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大で、アメリカのほか、映画の舞台となった中国でも劇場が閉鎖されてしまいました。

 結局、3回ほど公開を延期した末に、アメリカや日本では動画配信サービス「Disney+」で独占配信されました。

 中国では、9月になってようやく劇場で公開。ところが、滑り出しこそ好調と報じられましたが、興行収入は伸び悩み、レビューサイトでも酷評されてしまっています。

Q:どんな映画なんですか。

A:主演の女性、リウ・イーフェ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら