[PR]

 航空機のキャビン(客室)をイメージした高級カプセルホテル「ファーストキャビン」が新しいオーナーのもとで再出発した。4月の倒産後に事業を引き継いだのは、ホテル運営の経験がない不動産開発会社。新型コロナウイルスの影響で宿泊業の苦境が続くが、国内出張者らリピーター客を呼び込み、将来は不動産のノウハウをいかして新規出店もめざす考えだ。

 9月上旬に再オープンしたファーストキャビン愛宕山(東京都港区)。一時休業中に、食事ができるラウンジには感染対策の間仕切りなどを設けたが、宿泊部屋の内装は以前から変えていない。

 「利用者にはリピーターも多かった。これまでと変わらないコンセプトで運営していることを伝えたい」。子会社を通じてファーストキャビンを買収した新日本建物の池田友彦社長はそう話す。

 ファーストキャビンは2006…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら