[PR]

 満員に近い横浜スタジアム(横浜市)のプロ野球の試合で、これまでに得た新型コロナウイルス感染症対策の検証実験を行う方針を神奈川県などが固めた。専門家の了承を得たうえで、10月下旬にも実施する。政府が求めているイベント開催制限の緩和に向け、判断材料の一つにするのが目的だ。

 15日の政府の対策分科会で計画を説明し、専門家らの意見を聴く予定だ。

 政府関係者らによると、実験は10月27日~11月1日の横浜ベイスターズの主催試合で、観客に一定の周知をしたうえで行うことを想定している。球場の定員約3万4千人に対し、8割程度から可能な限り満員に近い人数を入れたい考えだ。県や市に加え、NECやLINE、ベイスターズを傘下に持つディー・エヌ・エーなども参加する。

 高精細カメラを複数置いて、球場内の人の動きや密度、マスクの着用率などを把握。スーパーコンピューター「富岳」でシミュレーションした結果と組み合わせて、マスクを着用した状態で観客が大声を出したり、飲食したりした場合に、唾液(だえき)などのしぶき(飛沫(ひまつ))が広がるのかなどを調べる。

 場内アナウンスや大型ビジョン表示、警備員らによる呼びかけなど複数の方法でマスクの着用を促し、その効果も確かめる。トイレ、売店などで対策を取り、人が密集しないようにできているかや、試合終了後にブロックごとの退場を促し、球場出口や最寄り駅など周辺の混雑を抑えられるかなども試みる。厚生労働省の接触通知アプリ「COCOA(ココア)」や普及率の高い「LINE」を活用し、感染者が出た場合の濃厚接触者を素早く特定するほか、興業主や保健所などとの連携体制も確認するとしている。

実証実験は海外でも

 政府は、感染拡大防止と社会経…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら