[PR]

 精神保健福祉士の資格を持つソーシャルワーカーとして山梨県山梨市の日下部記念病院で働く井原純平さん(33)は、写真家としても魅力たっぷりの作品を発表している。認知症と診断された90歳の祖母を約5年間撮影し、今年は勤務先のデイケア施設に通う25人のポートレートも撮影した。シニア世代を撮るようになったきっかけや、撮影している時にどんなことを考えているのかを聞いた。

 ――今夏、甲府市内で開いた写真展「NEW KOFU CITY 2020」は、ニューヨークや甲府市などの街角で撮影した写真とともに、祖母ふくゑさんやシニア世代の写真をずらりと並べました。

 5年ほど前から折に触れて祖母を撮っています。昨年、90歳を迎えた記念に「GRANDMA(グランマ)」という写真集を自費出版しました。

 ――撮り続けているのはどういうわけですか。

 生まれた時から祖母とはずっと同じ家に住み、「ばあちゃん」と呼んでいました。2年前に実家を離れましたが、今でもすごく仲が良くて、若い人が集まるカフェに一緒に行ったこともあります。80歳を過ぎたころから、「やっぱり、少しずつ年を重ねているんだな」と思うことが増えました。「今のうちに元気な姿を残してあげたい」と思うようになったんです。

 ――写真はほおに手を当てて柔らかく笑っていたり、サングラスをかけてちゃめっけたっぷりにポーズをとっていたり。

 2年前に認知症と診断され、以前とは様子が違うと感じられることが多くなりました。それでもカメラを向けると、自然と目に力が宿って、ほほえみを返してくれます。その時々の、いちばんいい表情を撮りたいと思っています。

 ――デイケア施設のみなさんの写真も同じように魅力的でした。

 勤務先の病院の「つくし教室」という施設で、主に軽度認知障害のあるシニア世代を対象に、もの忘れの進行を予防するプログラムをしています。そこの利用者25人にモデルになってもらいました。

 ――どんなふうに撮ったんですか。

 地元の写真館の協力で、院内にセットを設けて撮影会を開いたんです。同僚職員に頼んで、女性にはメイクも施してもらいました。1日で撮影したんですが、いい表情を逃さないようにしようと心がけました。

 ――いい表情とは?

 カメラを向けるとにっこりと和む人もいれば、キリッと引き締まる人もいます。一人ひとりの個性が表れていると思いました。お年をめしていても、その世代の美しさというものがあるんだなと思います。

 ――撮影のコツは。

 距離感、でしょうか。いい表情を引きだそうと思ったら、遠すぎて他人行儀になるのもいけないし、迫りすぎてプレッシャーを与えてもいけない。さりげなくレンズを向けて、よい雰囲気になった時にタイミングよくシャッターを切ります。写真というのは、人と人とのコミュニケーションの一つなんですね。

 ――ソーシャルワーカーとはどんな仕事ですか。

 患者と地域社会をつなぐ仕事です。精神科の病院で、生活や仕事の面などで困りごとを抱えている患者さんは少なくない。地域社会の中でうまく生活できるようにお手伝いするのは大切な仕事の一つです。

 ――やっぱりコミュニケーションが大事ですね。

 写真でも、患者さんの魅力を表現することによって、病院と地域社会、患者さんと地域社会をつなぎたいと思っています。そう考えると、ソーシャルワーカーの仕事と写真撮影とは、共通点が多いですね。(聞き手・吉沢龍彦)