[PR]

 2015年、全国10都市で初演されたモーツァルト作曲、野田秀樹演出のオペラ「フィガロの結婚~庭師は見た!~」が今秋、全国3都市で再演されている。指揮の井上道義が「一緒に『フィガロ』をやろう」と野田を口説き落としたのがすべての出発点だった。

 社会通念を疑うこと。好奇心に貪欲(どんよく)であること。この二つが、井上という音楽家の核を成している。

 「なぜ生きるのか。なぜ死ぬのか。なぜこれがタブーなのか。なぜこれが名曲と言われるのか。なぜ、なぜって、あらゆることを問いかけていくのが人生でしょ」

 「フィガロ」はまさに、その「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら