[PR]

 中国最北の黒竜江省にある牡丹江市で、新たなパンダの繁殖拠点の建設が進んでいます。パンダのふるさとの四川省にある施設に次ぐ規模といいます。冬には気温が零下30度を下回ることもある同市での建設には、中国のネット上で「気候はふさわしいのか」と心配する声が寄せられました。

 当のパンダからすると、どうなのか――。東京の上野動物園で計23年間、飼育員を務めた佐川義明さん(73)に、パンダの「カンカン」とのエピソードなどを交えて語ってもらいました。

 ――飼育員の目から見て、パンダはどんな動物ですか。

 小さい子供のうちはだいぶ気を使いますが、大きくなってしまえば、特に飼育が難しい動物というわけではありません。生まれて2年もすれば体重は60キロほどになります。飼育員より力が強くなると同じ部屋には絶対入ってはいけないという注意点がありますが、名前を呼んだり、好物のサトウキビなどを置いたりすれば、外の獣舎に出てきてくれます。

 ――パンダは竹をたくさん食べますね。

 好みがあるので、飼育する側としてはパンダが好む竹の確保に腐心します。主食の竹は1日20~30キロ食べないと栄養が足りません。食べる量が多いのは、もともと肉食だったからだと言われています。

 草食動物の腸は長く、肉食動物は短いのが特徴ですが、パンダは短めです。昔、すんでいた環境が変化し、山奥に移動したパンダが肉にありつけず、竹を食べ始めたことで生き残ったのではないかと言われています。

 ――パンダは肉を食べなくなったのですか。

 私は10年ほど前まで飼育員をしていましたが、当時はミルクがゆに栄養補給として馬肉を少し混ぜて食べさせました。しかし、ライオンや虎のように、肉の塊を食べさせるということは、ほかの園でもないと思います。

 ――中国で建設中の新しい施設について、ネット上では寒さを心配する声もあるようです。

 心配ないと思います。中国には…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら