[PR]

 自動車を安全に運転できているか採点するアプリ「yuriCargo(ゆりかご)」を、トヨタ系自動車部品大手のデンソー(愛知県刈谷市)が開発した。スマートフォンを携帯して運転するだけで、運転終了後に安全だったかどうか、100点満点で表示される。幅広い使い方が想定されており、安全運転の意識向上にとどまらない効果も期待されている。

 アプリをスマホにインストールすると、運転の開始や終了を自動的に検知する。スマホに内蔵された加速度センサーやGPSなどの情報から、急加減速や速度超過などを感知し、運転が終わると、急加減速や速度超過の回数と、総合的な評価が100点満点で表示される仕組みだ。

 デンソーが手がけてきた、トラックなどの位置情報や走行履歴を把握する車載器などの技術を応用した。「yuriCargo」という名称には、ゆりかごを車に乗せているような優しい気持ちで、運転をしてほしいという願いを込めたという。

高得点でお得に?

 まずは企業や自治体に活用して…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら