[PR]

 郵便が届くのがいまより遅くなる見通しになった。差し出し日から3日以内に届けるルールが4日以内に緩められる。日本郵便は土曜日や翌日の配達も原則としてやめる方向だ。民営化された日本郵政グループの収益改善がねらいだが、サービス悪化への懸念が強まりそうだ。

 総務省は郵便物の土曜配達廃止を認める郵便法改正案を、今月下旬からの臨時国会に出す方針を固めた。かんぽ生命の不正販売問題を受けて提出を先送りしていたが、対応にめどがついたと判断したとみられる。

 臨時国会で成立すれば、来年秋にも土曜配達がなくなる。日本郵便が人手不足もあって政府に求めていた。実現すれば配達員や仕分け担当者の負担が減り、年600億円を超えるコスト削減が見込めるという。

 配達は平日のみですむようにな…

この記事は有料会員記事です。残り230文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら