[PR]

 先週末の10日、ホームにサンフレッチェ広島を迎えた試合は2―3で惜しくも敗れた。スタジアムに集まったエスパルスサポーターに勝利を届けることはできなかったが、落胆の中、わずかながら光明も見えた。それは、今季、大分トリニータから加入した後藤優介選手の移籍後初ゴールを含む活躍だ。

 今年27歳になった後藤選手は、今季これまでリーグ戦23試合中、けがの影響で外れた1試合を除き、22試合でベンチ入りしている。うち21試合に出場しており、ピーター・クラモフスキー監督の信頼も厚い。

 広島戦では60分から途中出場し、1―3の劣勢の中、試合終了間際、1点差に迫るゴールでチームに勢いを与えた。待望のゴールは、クロスボールに飛び込んだ豪快なダイビングヘッド。けがをも恐れないプレーは、現在スペインで活躍する岡崎慎司選手をほうふつとさせ、多くのサポーターから称賛された。

 普段の表情からもわかるように…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース