[PR]

 サッカー日本代表が9日と13日、オランダで国際親善試合を戦いました。アフリカの強豪国であるカメルーン、コートジボワールとの対戦が実現したのは、関係者の多大な努力があったからでしょう。この2試合で、日本代表は何をつかんだのでしょうか。

 まず、前提を整理します。Jリーグにも代表クラスのすばらしい選手は多くいますが、今回は招集されませんでした。新型コロナウイルスの感染拡大による中断の影響で代表活動の間にもJリーグの試合が組まれていることに加え、海外への移動で帰国時に隔離期間が生じるからです。結果として、招集された25選手すべてが欧州クラブの所属となりました。これだけ多くの日本選手が欧州でプレーしていること自体が、日本サッカーにとって大きな進歩です。

 これまでは様々な理由で、多くの日本代表戦が日本国内で行われてきました。しかし、以前から「代表戦は欧州で開くべきではないか」という声もあがっていました。

 欧州で日本代表が戦うメリット…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら