[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は15日、プロ野球の試合を満席に近い状態で実施する政府や企業などによる検証実験を了承した。会場となる横浜スタジアム(横浜市)は来夏の東京五輪にも使われ、五輪を見据えた試金石となる。一方、感染者数が大きく減らない中での実験には懸念の声も出ている。

 10月30日~11月1日の横浜DeNAベイスターズ―阪神タイガースの3連戦で行われる。収容人数約3万4千人に対し、8割からスタートし、最終的に満席にする計画という。神奈川県や市に加え、NECやLINE、KDDIのほか、ベイスターズの親会社のディー・エヌ・エーも参加する。

 満席に近い人数を入れたうえで、対策が有効に機能するか検証する。他球団での実施も調整しているという。

 会場ではスーパーコンピューター「富岳」でシミュレーションした結果と照らし合わせ、マスクを着用した状態で観客の声援による飛沫(ひまつ)の広がりなどを調べる。高精細カメラや電波機器を使い、マスクの着用率や人が集まりやすい共用施設(トイレ、売店など)を観察する。マスクを外している観客を自動で見つけることもでき、警備員を向かわせて着用を促すことも想定している。

 また、接触確認アプリや普及率…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら