[PR]

 「寝そべるヒョウ柄ズボンのおばちゃん」は、大阪人の象徴か、それともバカにしているのか――。大阪都構想の住民投票をめぐり、立憲民主党が配ったチラシが話題になっている。

拡大する写真・図版立憲民主党が作成した大阪都構想反対のチラシ

 テレビを見てお菓子を食べながら寝そべる、ヒョウ柄のズボンの女性が描かれ、キャッチコピーに「大阪市にいらんことせんとってや、ほんま」とある。大阪都構想への反対のチラシだ。

 チラシは全部で3種類。女性が自転車に乗ったイラストとともに「いったい私らどこに行くん?」と書かれたものや、女性が買い物袋を持ち「それ、ほんまに私らのためなん?」と書かれたものがある。「おばちゃん」の絵に定評のあるイラストレーターが描いたものだという。

拡大する写真・図版大阪都構想に反対する立憲民主党のチラシ

 ところが、立憲民主党が13日、ヒョウ柄で寝そべる女性のチラシをツイッターに投稿したところ、「大阪人をばかにしている」との批判の声が上がった。都構想賛成の日本維新の会の吉村洋文・大阪府知事は「これが反対派の立憲からみた大阪市民のイメージ。酷(ひど)いね」とツイートした。

拡大する写真・図版大阪都構想に反対する立憲民主党のチラシ

 一方の立憲側は思わぬ反応に戸惑い気味だ。大阪市が地盤の立憲議員は「大阪のおばちゃんへのリスペクトなんやけどな」と漏らす。チラシを配ったという立憲の関係者も、「直接、地元の人から苦情は来ていませんけどねぇ」と語った。(吉川真布)