パラオ大統領府によると、パラオ元大統領のクニオ・ナカムラさんが14日に死去、76歳。

 三重県出身で船大工だった日本人移民の父と、パラオ人の母との間に生まれた。米国の信託統治領だったパラオで上院議員や副大統領を務めた後、1993年に大統領に就任。パラオは94年に米国から独立した。2001年に退任するまで非公式訪問も合わせて計13回、来日。日本政府からの支援も得て、独立まもない自国のインフラ整備を進めた。(シドニー)