[PR]

 高級スーパーを展開する紀ノ国屋は16日、JR目白駅(東京都豊島区)の改札口近くに、同社初の無人決済店舗「KINOKUNIYA Sutto(スット) 目白駅店」をオープンする。コロナ禍で「非対面型接客」のニーズが高まるなか、新業態の小型スーパーとしてアピールしたい考えだ。

 無人決済店舗の開発を進める企業「TOUCH TO GO(タッチトゥゴー)」が開発したシステムを導入。具体的には、専用ゲートから店内に入り、欲しい商品を手にとると、天井に設置した30台のセンサーカメラなどの情報から来店客の動きやどの商品を手にとったかを瞬時に認識する。認識の精度を下げないように、同時に入店できるのは7人まで。購入前の商品を手持ちのバッグに入れてもよく、万引きにはならない。

 出口近くのディスプレーの前に立つと、タッチパネルに購入する商品と代金が1点ずつ表示される。表示内容を確認して、交通系ICカードかクレジットカードで決済する仕組みだ。

 売り場面積は約40平方メートル。紀ノ国屋のPB(プライベートブランド)商品を中心に約530品目を陳列する。こだわりの商品をスッと気軽に買えるという意味を店名に込めたという。

 「TOUCH TO GO」は…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら