[PR]

 アニメやゲームのキャラクターなどで車体を彩った「痛車(いたしゃ)」が集うイベントが、岐阜県垂井町で開かれた。戦国時代、天下分け目の合戦があった関ケ原に隣接する垂井町。イベントは「天下無双 東西最強痛車決戦(コンテスト)」と銘打たれ、全国から二輪、四輪の計160台が集結した。

拡大する写真・図版痛車が並ぶ会場=松永佳伸撮影

 豪華絢爛(けんらん)? 痛々しい? なんとも表現しがたい光景を前にして、「その車、いくらかけたの?」という素朴な疑問がわく。聞いて回ると痛車の楽しさや歴史が垣間見られた。

10万円 主催者の中村文彦さん

 まずは主催者の中村文彦さん。実は垂井町職員で普段は教育委員会の係長を務める。「アニメオタク」が高じて町おこしに痛車イベントを企画したのが2017年。今年4回目で、いまや町長が開会のあいさつに立つほどの町の風物に育った。

拡大する写真・図版女性イラストの後頭部付近に書かれた貞本義行氏の直筆サイン

 自作の痛車のイラストは「嫁から、公務員だし近所の目もある。恥ずかしい」と言われたそうで、外から見えないようにボンネット裏側に1面だけと控えめだが、「新世紀エヴァンゲリオン」のアニメーター・貞本義行氏の直筆サインが入っているのが自慢。「車がダメになってもこのサインだけは残したい」

100万~200万円 めっしゅさん

 浜松市から来ためっしゅさんは、ラッピングは自らがデザインし、イラストは彼女に描いてもらったという手作り派。トランクルームにはオーディオ一式を積み込み、外見のみならず、車内で流すボーカロイドの歌声にもこだわった。

 「痛車は車が好きじゃない人にも、車を見せることができる唯一の手段」と話すめっしゅさん。この半年あまり、新型コロナウイルス感染症の影響で、イベントが軒並み中止になり「モチベーションを保つのが難しかった」と言うが、見学者からは「隙のない作品に仕上がっている」という評価を得ていた。

250万~300万円くらい? しあぱんさん

 宮崎からフェリーを経由して岐阜までかけつけたしあぱんさんは、痛車歴8年のベテラン。車とアニメという自ら大好きなものを、いっぺんに表現できる痛車に「自分にはこれしかない」と充実感を得ている。

 痛車に乗って全国各地のイベントに赴き、同じ趣味の仲間たちと交流することも楽しくて、はまったという。信号待ちで隣に停車した人から窓を開けて「いい車だね」と、声をかけられることも頻繁にあるそうで「知らない人との一瞬の交流も、痛車乗りの喜びです」と話した。

■75万円くらいかな。チャー丸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら