[PR]

 民間子どもシェルターを舞台にしたドラマ「さくらの親子丼」(フジテレビ系)が17日午後11時50分(初回以降は午後11時40分)から始まる。在名局の東海テレビが土曜の夜に人間ドラマを送り出してきた「大人の土ドラ」の枠で2017年10月~、18年12月~にも放送され、今回はシリーズ3作目。放送を前に、今シーズンから出演し、新米弁護士役を演じる新川優愛が名古屋市で会見した。

 三谷桃子弁護士(名取裕子)がつくった子どもシェルター「第2ハチドリの家」の食事スタッフとして働く主役の九十九さくら(真矢ミキ)を中心に大人たちが虐待や育児放棄などで傷ついた子どもたちと向き合う物語。今回、新川は子ども担当の新米弁護士・宮部雪乃役で初登場する。

 名取や真矢ら元々出演しているメンバーの雰囲気がよく「すんなり入ることができ、『雪乃』としていることができている」と話す。シェルターのホーム長として同じく初登場する南海キャンディーズ・山崎静代には「待ち時間にサンドバッグの使い方を教わった」。

 ドラマで弁護士を初めて演じる…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら