[PR]

 青森のりんごを使ったジュースだけを販売する自動販売機が、JR東日本の東京駅と上野駅の構内に登場した。希少な品種「世界一」を使ったジュースを目当てに行列ができ、補充が追いつかずにその日の分が売り切れになるほどの人気だ。

 「世界一」は青森県のりんご試験場(当時)が1974年に開発した。そのころ、世界一大きいと言われたのが名前の由来。大玉は1キロ近くになる。甘みと酸味のバランスが良く、まろやかな味わいだ。

 JR東日本ウォータービジネスが2017年、青森駅と新青森駅に「りんご自販機」としてりんごジュースの自動販売機を設置。今月、東京都内では初めて東京駅と上野駅に設置し、「ふじ」や「トキ」などと共に「世界一」の販売を始めたところ、「品種別に飲み比べができる」とSNS上で話題になった。

 他品種のジュースは280ミリ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら