[PR]

 菅義偉首相は16日、日本学術会議の梶田隆章会長と首相官邸で会談した。梶田氏は、会員の任命から除外された6人の速やかな任命と理由説明を求める要望書を渡したが、首相は今後の対応や理由について言及しなかったという。

 会談は約15分間。会長に今月就任した梶田氏のあいさつを目的に、学術会議側から求めたという。

 首相は会談後、記者団の取材に対し、「学術会議が国の予算を投ずる機関として、国民に理解をされる存在であるべきだ」との考えを伝えたと説明した。

 さらに、「梶田会長からは未来志向で、今後の学術会議のあり方を政府とともに考えていきたいとの話があった」と紹介。井上信治・科学技術担当相を中心に梶田氏と協議しながら検討を進めていくことで合意したとも語った。

 記者団から要望書への対応についても聞かれたが、コメントしなかった。

 梶田氏も記者団の取材に応じた。要望書を渡したとしたうえで、「本日はそこまで踏み込んでお願いはしていない」と語った。首相から中身についての言及は「特になかった」という。

 また、「学術会議の今後のあり方について、意見交換を色々とさせてもらった。学術に基づいて社会や国に対して、どういう風に貢献していくかというようなことを主に話した」と明かした。

 任命除外問題の対応については、「学術会議でしっかりと検討していきたい」と述べるにとどめた。(石倉徹也嘉幡久敬