[PR]

 コロナ禍で急速に進む役所の「脱ハンコ」。国の呼びかけに先駆けて「ハンコレス」を進めている東京都庁では、来年度までに「電子決裁率100%」を目標に掲げる。非対面、非接触が求められる中、業務のデジタル化を進めながら紙やFAXの削減にも取り組む。

 「デジタル化を進めるには、プロと一緒にやらなければいけない。人材育成もしっかりやっていきたい」。小池百合子知事は16日、平井卓也デジタル改革相を訪れてそう述べた。

 都は、都庁のデジタル化に向けた方針「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の取り組みの一環として、五つの「レス」の具体的な取り組みを9日に掲げた=表。小池知事はこの日の会見で「都政のクオリティー・オブ・サービスの飛躍的な向上を図りたい」と話した。

 都が電子決裁に本腰を入れる契…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら