3大スガ案件で狙う本格政権 熱狂の筋書きと独善の不安

有料記事菅政権発足

菊地直己、菅原普 相原亮 清宮涼、明楽麻子
[PR]

 15日夜、東京・紀尾井町のホテルの高層階にあるレストラン。菅義偉首相は眼下に夜景を望みながら、自民党の無派閥の参院議員11人と就任1カ月の祝宴を開いた。「仕事をする内閣をやらせてもらった」。事実上の菅派とみなされる面々にそう告げた首相は、肝いり政策である「デジタル庁」の創設、不妊治療への公的支援の拡大、携帯電話料金の引き下げを推し進める考えを滔々(とうとう)と語った。

 首相が掲げた課題は、政権内で「3大スガ案件」とみなされている。首相は就任翌日の9月17日、まず平井卓也デジタル改革相田村憲久・厚生労働相を首相官邸に呼び出し、デジタル庁と不妊治療の保険適用の早急な検討を指示。「スピード感をもって国民の期待に応えたい」。その後、折に触れて訴えてきた。

 念頭にあるのは、政策の遂行で政権への期待を評価へと変え、次の衆院選に勝利して「本格政権」を打ち立てるシナリオだ。

 先の総裁選のさなか、首相は…

この記事は有料記事です。残り3107文字有料会員になると続きをお読みいただけます。