[PR]

 神戸市のカフェの店内で飼い犬が客2人をかんで軽傷を負わせたなどとして、カフェの女性経営者(42)と従業員の夫(49)が16日、兵庫県警に業務上過失傷害と動物愛護法違反などの疑いで逮捕された。経営者は容疑の一部を否認しているという。

 生田署の発表によると、夫婦は神戸市中央区栄町通3丁目のカフェ「ココシカ」で、動物取扱業の登録を受けずに、飼い犬のゴールデンレトリバー(メス、5歳)を展示。犬が人に危害を加えないよう注意する義務を怠り、2月24日に客の女性(49)の右手を犬がかみ、5月28日には別の客の女性(37)の左手をかんで、それぞれ軽傷を負わせた疑いがもたれている。

 動物愛護法は、動物とのふれあいを提供する施設に動物取扱業の登録を義務づけている。市保健所は2~3月に計3回、夫婦に登録するよう警告したが、していなかったと、署は説明している。

 経営者は「客を最初にかんでから、犬は顔なじみにしか見せておらず、展示はしていない」と、容疑の一部を否認しているという。