[PR]

 日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告(66)の約91億円の役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとして、金融商品取引法違反の罪に問われた元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)の公判が16日、東京地裁であった。検察と司法取引した大沼敏明・元秘書室長(61)が証人出廷し、元会長への「未払い報酬」を別名目で支払う計画を隠すため、監査法人に虚偽説明をしたと証言した。

 検察側は、2010~17年度の計約170億円の報酬のうち、後払いすることにした約91億円を不正に開示しなかったとみている。

 大沼氏によると、この未払い報酬の支払い方法として、優秀な社員に業績に応じた将来の報酬を約束する「長期インセンティブプラン」制度を活用することとし、15年2月に約108億円の予算を計上した。

 巨額の予算計上に対し、日産の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら