[PR]

 鳥取県西部の大山(だいせん)周辺で、ブナ科の広葉樹が枯れる「ナラ枯れ」の被害が深刻化している。だが、地元自治体の一つ、伯耆(ほうき)町は今春、原因となる甲虫を捕らえるわなの設置を見送った。新型コロナウイルスの感染が広がるなか、「やむを得なかった」と担当者は振り返る。

 ナラ枯れは体長4、5ミリの甲虫、カシノナガキクイムシ(カシナガ)が運ぶナラ菌というカビによって、樹木が枯れる伝染病。枯れた樹木は葉がしおれ、紅葉でもないのに葉が茶色や赤褐色に変色する。一度枯れた木が生き返ることはなく、景観の悪化に加え、倒木や土砂災害などへの影響が心配されている。

 国立公園の大山周辺では201…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら