[PR]

 世界ボクシング協会(WBA)世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(26)=ワタナベ=の3度目の防衛戦が11月3日、インテックス大阪である。新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内初開催となる男子の世界戦は、政府の五輪政策、業界の「プロアマ問題」をクリアして実現する一戦だ。

 「オ、オリパラですか?」。9月8日、プロを統括する日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長はパソコンの画面を前に声が裏返った。

 防衛戦開催の記者会見を開いたこの日。実は挑戦者の同級10位タノンサック・シムシー(20)=タイ=の入国はまだ不透明だった。会見後のオンライン会議でスポーツ庁の担当者が話した。「この世界戦を東京オリンピック・パラリンピックに関連づけて『公益性』を証明してほしい」

 背景はこうだ。外国人の入国を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら