[PR]

 劇団四季の所属俳優ら10人が新型コロナウイルスに感染したことが17日、劇団を運営する四季(横浜市青葉区)への取材でわかった。東京・汐留の電通四季劇場で上演されている「アラジン」の出演者らで、観客には影響はないという。公演は一時中止していたが15日に再開した。

 四季によると、アラジンの出演者1人が感染したため10日から公演を中止した。この俳優の濃厚接触者と認定された別の出演者27人とスタッフ2人の計29人を検査したところ、17日までに新たに9人の感染を確認したという。

 濃厚接触者ではない劇団関係者は、検査で全員陰性だった。舞台と客席の間は距離を空けており、出演者と観客の接触もなかったという。14日までに5回の公演を中止したが、劇団四季では一つの役に複数人をキャスティングしており、15日に再開した。

 劇団四季は「引き続き安心してご観劇いただけるよう、新型コロナウイルス感染症予防対応に力を尽くしていく」としている。(末崎毅)

コロナ第2波 東京100days
緊急事態宣言が解除されたのもつかの間、東京は新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」に直面する。政治や財界、そして人々はどう動いたのか。100日間のドキュメントで迫る
【動画】プレミアムA 東京100daysコロナ第2波ドキュメント=西田堅一、藤原伸雄撮影