[PR]

 バレーボールVリーグ女子1部(V1)が17日開幕した。KUROBEアクアフェアリーズ(富山県黒部市)は松任総合運動公園体育館(石川県白山市)でPFUブルーキャッツ(同県かほく市)と対戦。フルセットにもつれ込む接戦の末に競り勝ち、3―2で初戦を飾った。

 セットカウント1―2で迎えた第4セット。KUROBEは舛田や間橋のスパイクで追いついた。第5セットもリーが次々とスパイクを決め、PFUを振り切った。丸山監督は「最後はシモン(リー)頼みになったが、第4セットに他の選手もなんとか踏ん張って競り勝てた」と振り返った。

 今季のV1女子は、12チームによる2回戦総当たりのレギュラーラウンドを戦い、その後、上位、中位、下位の4チームずつに分かれて順位決定戦を行う。11位と12位は、V2女子の上位2チームとの入れ替え戦を戦うことになる。(高津守)