[PR]

 バスケットボールB1リーグのレバンガ北海道は17日、北海きたえーる(札幌市豊平区)で今季ホーム開幕戦を島根と戦い、85―93で敗れた。通算成績は2勝3敗。18日も島根との対戦がある。

 前半は激しいマークが功を奏したが、得点が伸びず、42―41で折り返した。後半に入ると、島根にマークを外され、勝負どころで3点シュートを決められて引き離された。新加入の身長206センチのメイヨ選手(23)が多彩なシュートでチーム最多の26得点と気を吐いた。

 今季から札幌出身の宮永雄太ヘッドコーチ(39)が指揮を執り、外国籍選手を含めて大幅に選手を入れ替えて臨んだ。しつこい守備で相手に自由にプレーをさせず、素早い攻撃につなげるチームをめざす。