[PR]

 新型コロナウイルスで増えたウェブ会議の時、相手の画面に映る自分の背景画像に、鹿島市の風景を、だれでも無料で使うことができるようになった。システムを運営している福岡市のIT企業「イーハイブ」に、鹿島市が風景画像を提供した。

 画像は5種類。祐徳稲荷神社、白壁の家屋が並ぶ浜町の肥前浜宿、ムツゴロウとシオマネキがいる干潟、有明海の初日の出、民俗芸能の面浮立で、鹿島市産業支援課の担当者は「市内の主要な見どころを選んだ。鹿島に関心のある多くの人に使ってほしい」と話す。

 イーハイブのHPから「地域応援オンライン名刺付きバーチャル背景メイカー」にアクセス。「掲載中の自治体」の中から鹿島市をクリックし、5種類の中から気に入った画像を選んで、自分の氏名や会社名、役職などを入力、ダウンロードする。

 ウェブ会議の際、相手のパソコンに自分の名刺代わりに社名や氏名を表示でき、自宅のプライベートな空間を見えなくする。

 イーハイブによると、現在、群馬県から沖縄県まで約30の自治体が観光名所などの画像を提供しているが、県内は鹿島市のみ。

 「ムツゴロウが映っていたら『それって何ですか』と、会話が弾むきっかけになる。地域PRに活用できますよ」と同社。他の自治体にも画像提供を呼びかけている。(福岡泰雄)

関連ニュース