[PR]

 NTT社長として巨大グループを率いる澤田純氏(65)は、興奮を抑えるために、努めて落ち着いているように見えた。NTTが携帯電話大手NTTドコモを完全子会社化すると発表した2020年9月29日のオンライン会見である。

 会見で澤田氏は「ごめんね」と前置きしたうえで、何度も「ドコモはいまや3番手」と強調した。

拡大する写真・図版NTTによるNTTドコモの完全子会社化を発表した記者会見で同席するNTTの澤田純社長(左)とドコモの吉沢和弘社長(2020年9月29日、NTT提供)

 透明な板を挟んで座ったドコモの吉沢和弘社長(65)は苦笑いするしかなかった。その光景はドコモがNTTにのみ込まれたことを象徴しているようだった。

NTTによるドコモの完全子会社は、グループを再び結集する「ワンNTT」体制につながるのか。電電公社の復活劇なのか。NTTの狙いと再編の動きを追う。

 話は5カ月前にさかのぼる。首相官邸近くのドコモ本社で4月下旬、澤田氏は吉沢社長と向かい合っていた。

 「そろそろ考える時期が来てい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら