[PR]

 中国の国家統計局が19日発表した2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP)の速報値は、前年同期比で4・9%増となった。4~6月期(3・2%増)から伸びが拡大し、2期連続のプラス成長となった。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、主要国の中で最も早い回復ぶりをみせている。

 市場では5%を超えるとの事前予想が多く、やや下回る結果となった。一方、1~9月期でみると前年同期比0・7%増となり、累計で今年初めてプラス成長に転じた。

 同時に発表された7~9月期の生産や消費、投資の動きを示す統計もそれぞれ回復。特に消費は小売総額が前年同期比で0・9%増となり、四半期ベースで今年初めてプラスに転じた。政府が工場再開を後押しするなどして回復が進んでいた生産に比べ、消費の回復は遅れていた。

 企業の生産動向を示す7~9月の鉱工業生産は、前年同期より5・8%増と伸びが加速。固定資産投資は1~9月期、同0・8%増とプラスに転じた。景気回復につれてマンション投資などが増え、1~9月期の不動産開発投資は同5・6%増だった。9月の失業率は5・4%で、8月から0・2%ポイント改善した。(北京=西山明宏)