[PR]

 沖縄県大宜味村のエビ養殖場で、エビ数万匹が8~9月にかけて大量死していたことが、県の立ち入り検査でわかった。検査の結果、甲殻類の伝染病である急性肝膵臓(すいぞう)壊死(えし)症(AHPND)の発生が認められた。県によると、AHPNDが国内で確認されるのは初めて。

 県が19日、会見して発表した。県によると、AHPNDは2009年に中国で最初に報告されている。死ぬ確率が高いことが特徴。人への感染事例は報告されていないという。

 県によると、大量死していたのはクルマエビに近い種類で、全国に広く出回っているバナメイエビ。大宜味村の業者は、8月にタイから稚エビ10万匹を輸入し、養殖を始めたばかりだった。8月中旬にエビが死に始めたが、育て方のミスだと思っていたという。

 この業者は、国の水産防疫対策…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら