[PR]

 加藤勝信官房長官は19日、衆参両院の議院運営委員会理事会に出席し、臨時国会を26日に召集すると伝えた。20日に閣議決定する。会期は12月初旬までの40日程度となる見通し。

 臨時国会は菅義偉首相の就任後、初めての本格的な国会論戦で26日に首相が所信表明演説をする予定。2000年以降、衆院選による信任を経ずに就任した首相は2~11日以内に所信表明演説をしており、菅首相は最も遅い。

 野党側は衆院の理事会で「(召集が)非常に遅い。十分な会期を確保するべきだ」と主張した。日本学術会議が推薦した会員候補のうち6人が任命されなかった問題を巡っても、杉田和博官房副長官の国会出席を改めて求めた。(清宮涼