[PR]

 写真や動画がTwitterに投稿されるたびに話題になる柴犬「りんご郎」。今度は子犬時代のちょっとクセのある「おすわり」が注目を集めています。

柴犬りんご郎とは

 りんご郎は、津市で暮らしている2018年生まれのオスの柴犬です。

 飼い主の大脇貴志さんが「柴犬りんご郎ブログ」を開設し、妻の希美さんとともに毎日ブログを更新しています。

 ブログ以外でも情報を発信していて、Twitterのフォロワーは約9万、YouTubeのチャンネル登録者数は約13万人です。

 今回話題になっているのは今月16日のツイート。

 「うちの柴犬がまだ赤ちゃんだった頃 頑張っておすわりを教えた結果…… こうなった」という文章とともに3枚の写真が投稿されています。

 一見するとちゃんとできているようにも見えますが、よく見ると後ろ脚の肉球が見えていて、脚を前の方に投げ出しています。

 「ちゃんとできてるでしょ?」と言わんばかりの表情をしたこの写真。

 「可愛過ぎます」「うちの子も同じような座り方をします」といったコメントが寄せられ、リツイートは2万、いいねは21万を超えています。

飼い主に聞きました

 「我が家に迎え入れて2週間後くらいの時に撮影した写真です」と大脇さん。

 そろそろおすわりを教えようと挑戦したら、このようなポーズになったそうです。

 その後、すぐにちゃんとしたおすわりを覚えて、このような姿勢になることはないそうですが、「たまにあぐらをかくような姿勢でくつろいでいることはあります」とのこと。

 新型コロナウイルスの影響で、しばらくドッグランなどは控えていましたが、次第に再開して元気に過ごしているそうです。

 りんご郎の生後1000日に合わせて、成長の過程を見てもらおうと投稿したという今回の写真。

 話題になったことについては、「個人的にもお気に入りの写真だったので、たくさんの方から可愛いと言っていただけてうれしいです」と話していました。(若松真平)