【動画】全身オレンジ色に輝く突然変異のアカハライモリ=三沢敦撮影
[PR]

 全身が鮮やかなオレンジ色に染まったアカハライモリが、鹿児島市のかごしま水族館で展示されている。通常の個体は腹がオレンジ色で、背中などは焦げ茶色。長島町の住民が9月、畑の用水路で見つけて寄贈したという。

 アカハライモリは本州や四国、九州などに広く分布。水族館によると、こうした突然変異の個体は色素の欠如やDNAの異常などでまれに現れるという。目立つ体色のため、天敵に狙われやすく生き残ることは難しいらしい。

 展示当初は通常のアカハライモリと一緒の水槽に入れていた。だが、気になる存在なのか、通常のイモリたちがちょっかいを出すように。「プレッシャーに押しつぶされるのでは」と心配した飼育員らが水槽内に小部屋を作り、「隔離」した。それでも、通常のイモリたちは興味深そうに小部屋の周囲にペタッと張り付き、オレンジ色に輝く仲間を見つめているという。(三沢敦)