[PR]

 大人がやらないのなら自分が――。福岡県行橋市の路上で、迷子になって泣いていた小学2年生の7歳女児を保護したとして同市の行橋小5年、今村晄(あきら)さん(11)に行橋署から感謝状が贈られた。

 今村さんは9月29日午後6時半ごろ、そろばん塾から自転車で帰宅中、同市大橋1丁目の県道沿いの歩道で、犬を連れて泣いている女児を見つけた。「どうかしたの」と聞くと「道に迷った」と答えた。

 携帯電話で父親の航空自衛官、雅和さん(47)に状況を伝え、どうしたらいいか聞いた。普段から「困ったことがあったらすぐ連絡を」と言われている。大人がいるそろばん塾まで戻りなさい、との指示を受けた。行橋署への通報は雅和さんがした。

 約300メートル先のそろばん塾までの道すがら、泣きやまない女児に「どうして迷ったの」「家はどこ」などと優しく語りかけた。犬が逃げ回って、少し時間がかかったが間もなく着いた。

 駆けつけた署員に保護された女児は、友達と一緒に友達の犬連れで散歩していて迷子になったという。保護は、女児の母親が心配して同署に連絡した矢先だった。

 北永章夫署長から16日に感謝状を渡された今村さんは「辺りは暗く、付近に保護者らしい人は見当たらなかった。通りかかる大人は何もしなかったので自分が何とかしないといけないと思った。人の役に立つことができてよかった」と喜んだ。

 長男の感謝状贈呈に同席した雅…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら