[PR]

 大阪府泉佐野市大木(おおぎ)の休耕田を活用した「日根荘(ひねのしょう)大木の里コスモス園」で約2万本のコスモスが見ごろを迎えている。

 地元の大木まちづくり協議会が2015年から毎年開園している。8月に種をまき、茎が伸びてからは風雨で倒れないようにネットを張るなど工夫を重ねてきた。大木区長の窪堀(くぼほり)光男さん(72)は「開園期間中にちょうど満開になるように調整している。今年もうまくいきました」と話す。

 開園は25日までの午前9時~午後4時。1本20円で摘み取りもできる(1人5本まで)。問い合わせは市文化財保護課(072・447・6766)。(川田惇史)

関連ニュース