[PR]

 サッカーJ1ベガルタ仙台は20日、所属するMF道渕諒平選手(26)との契約を20日付で解除したと発表した。知人女性とのトラブルを巡る週刊誌報道を受け、「クラブが認知していなかった事実など、著しく風紀を乱す内容があった」と説明している。

 クラブを運営する菊池秀逸社長らがこの日、仙台市内で記者会見を開き、「大いに反省し、取り組みが不十分だったことを厳粛に受け止め、二度と発生しないようコンプライアンスの徹底に全力を注ぎたい」と謝罪した。

 クラブ側の説明では、8月14日に女性側から連絡があり、道渕選手が女性に暴力を振るうなどの行為があったことを把握。道渕選手にも話を聞いた上で、顧問弁護士から「当人同士での解決が望ましい」と助言されたという。9月5日に示談が成立したとの報告を受けて、道渕選手に「二度と同様の行為をしない」との誓約書を書かせたという。「両名のプライバシーに関わる」として公表しないまま、試合にも出場させていた。

 ところが、この日発売の週刊誌の記事で、女性とのやりとりの詳細や写真などクラブ側が把握していなかった内容があったため、本人に確認したところ、おおむね認めたという。

 道渕選手は仙台市出身で、2017年に明治大からプロ入り。昨季からベガルタ仙台でプレーし、J1通算42試合に出場して6得点を記録している。(大宮慎次朗)