[PR]

凄腕しごとにん

拡大する写真・図版泡が立ったビールのグラスを持って。炭酸はあっても泡がない酒は多い。だからこそ泡がある意味を考える=東京都中央区八重洲、工藤隆太郎撮影

サントリービール 生産部課長代理・醸造家 作山智さん(36)

 誰にも踏まれていない新雪のような泡が、そのビールの表面を覆っていた。中身をくいくい飲むと、グラスの中で次々と小さな気泡が生まれ、連なって新しい泡になっていく。おかげで、白い泡の層は最後までなくならない。

 飲み干したグラスの内側には、減っていったビールの高さをたどるように、幾つかの白い輪が残っていた。

 「エンゼルリングというんですよ」

 ビールの香りや味は、空気に触…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら